暮らし

遠距離恋愛から同棲したタイミングと流れを振り返る【20代カップル】

現在、彼と同棲を始めて、丸1年を迎えようとしています。

結論的には、毎日たのしい! と思える日々を送っています。ありがたい。

この記事はこんな内容です。

  • 同棲を始めたタイミング
  • 同棲するまでの流れ

これから同棲を始める方の参考になれば嬉しいです!

身バレ防止の為、フェイクは入れていませんが、具体的な地名などは控えさせて頂きます。

同棲を始めるまで

遠距離恋愛のころ

約3年ほど、関西(わたし)と関東(彼)の遠距離恋愛をしていました。

ちなみに生まれ育ちは2人とも、関西です。同い年です。
現在は、2人で関東に住んでいます。

遠距離恋愛中、2人で会えるのは、1か月半に1回ほどでした。
仕事でタイミングが合わないときは、3か月ほど会わないときもありました。

同棲を始めて毎日一緒にいることが、いまだに不思議に思えることがあります。

24歳のときに付き合い始めたので、当初から同棲をして結婚をするなんてことは計画していませんでした。

20代前半からわたしには結婚願望がありましたが、彼は結婚願望がないタイプでした。
付き合いが長くなるにつれて、結婚願望が芽生えてきたそうです。

遠距離恋愛になることは覚悟の上で、付き合い始めたので、途中で離れ離れになった訳ではありません。最初からです。

そして約3年間の遠距離交際期間を経て、28歳になる年に同棲をスタートして、今に至ります。

(ゲーム好きカップルです)

同棲を決めたタイミング

同棲は軽い気持ちでは始められないことだと思います。

ましてや遠距離先で同棲を始める場合は、自分の地元や実家から遠く離れて暮らすことになるので、色々なリスクが伴います。

交際2年目の頃(26歳)に2人で話し合いをして、いくつかの共通認識事項を作りました。

  • 同棲は結婚前提であること(重要!)
  • 同棲前には貯金をすること
  • 同棲前にお互いの両親に挨拶をすること
  • 28歳には同棲を始めること
  • 30歳には結婚すること

堅苦しい話し合いをした訳ではありませんが、お互いの考えを伝え合って、まとめておくことは大事なことだと思います。

前もって意思疎通をしておいて良かったなと思います。

ダラダラ同棲しない為にも、ゴール(結婚)は決めておいたほうが安心!

結婚が全てではないので、結婚しない(籍を入れない)場合は、『なんの為に同棲をするのか』を話し合っておいた方が良いかもしれません。

(追記)同棲1年半を経て結婚することにしました!結婚挨拶についてはこちら

【コロナ禍】結婚挨拶を済ませたので流れを振り返る【手土産と服装】コロナ禍で世の中の当たり前がすっかり変わってしまった2020年、夏。 約1年半の同棲生活を経て、入籍をすることを決めたので『結婚挨...

同棲準備

住居は、既に彼が2人で暮らせる広さの家で1人暮らしをしていたので、そのまま住んでいます。(間取りは1LDK

仕事のこと

同棲をするに辺り、わたしが仕事を辞めました

正社員で全国に支店があったので転勤も選べましたが、仕事をしながら家事が出来る自信がなかったこと、シフト制で休日が彼と合わないことが理由で退職を選びました。

この理由は共働きの時代に甘えだとは思いますが、結婚・子育てに縛られていない『同棲』という貴重な時期を楽しみたい、わたしたちの考えでもあります。

同棲をしてからは、彼が転勤のある仕事なので、わたしは正社員ではなく、アルバイトをしようと考えていました。

現在はアルバイトとして、在宅ワークをしています。

そのため平日はわたしがほとんど家にいるので、家事全般をしている状態です。休日は2人で分担して家事を行っています。

同棲の為に仕事を辞める場合は、そのあとの経済状況を考えておかなければなりません。

しばらくはどちらかの収入だけで生活出来るのであれば、同棲先で新たに仕事探しをするのもひとつの方法だと思います。

同棲を取るか、仕事を取るか、難しい決断ですよね。
わたしは仕事にあまり執着心がなかったので、スパッと辞めてしまいました。

どちらを取るか悩む場合は、自分の人生にとってどちらがより重要なのか、本当に同棲するタイミングは今なのか、をじっくり考えてみて欲しいです。

お金のこと

同棲を始めてからは1つの財布から一緒に生計を立てています。

お金の管理って大事です。

お金に対する考え方は、わざわざ話し合わなくても、付き合っている段階でルーズなのか、倹約家なのかは分かってくると思います。

同棲をしても財布は別で生活するのであれば問題ないと思いますが、生活費を折半する場合は、事前にお金の話をしておくことをおすすめします。

同棲するまでにしていたお金の話をまとめてみました。 
  • 貯金額 (ざっくり)
  • 給与額
  • 奨学金
  • 借金の有無
  • 親の仕事 (結婚を視野に入れていたので念の為)

わたしたちの場合は、給与は彼のほうが高いですが、管理が甘かったのでそれほど貯金はしていませんでした
ですが同棲を視野に入れてからは、節約して過ごしてくれるようになりました。

わたしは実家暮らしでしたが、遠距離恋愛で交通費による出費が大きかったです。給与が低かったこともあり、節約を常に心掛けて、同棲に向けた貯金を少しずつしていました。

退職することを決めていたので、しばらくの間、彼氏の給料のみで暮らす計画でした。その為、生活するのにいくらかかるのかなど事前にシミレーションをしていました。

実家暮らしだと、生活をするのにお金がいくらかかるかまで分かりません。シビアな面もありますが、お金についての話し合いをしておいて良かったです。

同棲してからは家計簿を一緒につけているので、今はお金の管理は2人で行っています。

両親への挨拶

挨拶は、しました!

結論的には、挨拶をして良かったです!

最初は『緊張するし、挨拶は結婚のときでいいか』と思っていました。

しかし同棲をするとなると関東に住むことになり、お互いの両親はそれぞれ関西にいるので、わざわざ会う機会を作らないと『いつ会うんだ?』というくらい会うことがない状態でした。

将来的には結婚を見据えていたので、関係構築のためにも挨拶をすることにしました。

長期休暇しか彼が帰省出来ないので、お盆休みに日取りを決め、お互いの両親へ同棲の挨拶をしに行きました。(両親同士はまだ会ったことはありません。)

この日をまとめてみました。【同棲挨拶実例】
いつ 同棲を始める約半年前
場所 普通のごはん屋さん
わたしわたしの実家
時間 ランチタイム
わたし15時頃のティータイム
服装【夏】 半袖シャツ・スラックス・革靴
わたし白のブラウス・膝丈スカート・パンプス
手土産 ゴディバのチョコレートセット
わたし百貨店の焼き菓子セット

彼はスーツを着るか悩んでいたようですが、夏なのでノーネクタイでいつも仕事に行くときのような格好にしてもらいました。

夏以外の場合は、結婚の挨拶までは堅苦しくならないと思いますが、やっぱりスーツが無難で悪い印象にはならないと思います。

わたしもどんな服装が良いのか悩みましたが、女性らしい清楚で派手すぎない格好を意識しました。

彼のご両親との挨拶を外でのランチにしてもらったのは、わたしが他人の家にお邪魔するのが苦手だからです。いつかはお邪魔することになるかもしれませんが、今回は彼に配慮してもらいました。(彼のご両親にこの理由は言っていません。)

話がしやすい場所であれば、場所はどこでも大丈夫だと思います。

どちらの挨拶も特に失敗はなく、スムーズに終えられました。
めちゃくちゃ緊張しました!

最後に

以上 わたしが同棲を始めるまでのタイミングと流れでした。

遠距離恋愛先で同棲を始めると、すぐに実家に帰ったり、友達に助けを求めたりすることは出来ません。

見知らぬ土地では、彼だけが頼りになってきます。

楽しい毎日を送る為、お互いをより知る為に、事前の話し合い準備大切だと思います。
2人の間に信頼関係が成り立っていないと共存していくことは難しいです。

しかしそれ以上に同棲生活は楽しいです!

遠距離恋愛の方も、近距離恋愛の方も、理想の同棲生活が始められるように応援しています。

同棲生活1年経って買ってよかったもの15個【無印良品が好きなミニマリスト初心者】先日、同棲を始めたタイミングと流れについてお話しました。 https://kosoblog.com/livingtogether/...
RELATED POST