ライフイベント

コロナ禍でフォトウエディングをした話【費用と感想など】

コロナウイルス真っ只中、

2020年 秋に、フォトウエディングをしました!

結婚式はしないので、フォトウエディングがわたしたちにとって最大のイベントでした。

この記事はこんな内容です。

  • フォトウエディングの感想
  • コロナ禍でのフォトウェディングについて
  • フォトウェディングにかかった費用など

身バレ防止の為、フェイクは入れていませんが、具体的な地名などは控えさせて頂きます。

フォトウェディングの感想

総合的な感想は、

素敵な写真をたくさん撮ってもらえて大満足!楽しかった!

外でのロケーション撮影を予定していたので、幸い天気に恵まれ、綺麗な紅葉を背景に写真撮影が出来て良かったです。

良かったこと

  • 自分好みの衣装とヘアメイクで撮影が出来た
  • 思い出の場所でロケーション撮影が出来た
  • 家族に晴れ姿を見て貰えた
  • アルバムに残す写真を自分たちでじっくり選べた

屋外でのフォトウェディングに憧れていたので、2人の思い出の場所(観光地の定番)で撮影が出来る写真スタジオを選びました。

お互いの実家から近い場所なので、家族に撮影風景を見に来てもうらことが出来ました

カメラマンさんのご厚意で、家族がスマートフォンで撮影する許可を頂いたので、邪魔にならない程度にオフショットを撮ってもらいました。

撮影数週間後に写真データが届くので、その中から自分たちでアルバムに残す写真を選定しました。

自分たちにしか分からない、写真映りの良し悪しがあると思うので、じっくり選べて良かったです。

外でのロケーション撮影はオススメですが、通りすがりの人たちにジロジロ見られてしまう覚悟は必要です

残念なこと

  • ドレスによってはサイズが合わないことがある
  • 新郎のパンツスーツにシワが目立っていた
  • 希望がなければポーズのセンスはカメラマンさん次第
  • 結婚式ではなく、写真だからと言って決して費用は安くない

上品な長袖レースのドレスに憧れがあったのですが、肩幅や身頃のサイズが大きすぎたので諦めました。

わたしの場合は、基本料金で選べる衣装は好みではなかったので、衣装の追加料金の費用が大きかったです。

パンツスーツのシワは、写真が出来上がってから気付いたことなので、結婚式と違って念入にアイロンがけされていなかったのかと少し残念でした。

撮りたいポーズの希望はなかったので、全てカメラマンさんにお願いしました。

あとから見たときに、恥ずかしくて後悔しそうなポーズを指定されることはありませんでしたが、気分が乗らないポーズは断っても良いそうです。

わたしたちは今後両親親戚にも見せることを考慮して、あまりにも『バカップル』に見えるポーズは控えてくださいとだけお願いしました。

キスをしたり、抱き着いたりするポーズはお断りしました・・・

フォトウェディング当日

わたしたちのフォトウェディング当日の流れを、大まかに振り返ります。

わたしたちの場合

和装洋装の2パターンを撮影したので、朝から夕方までのスケジュールでした。

9:00 新婦スタジオ入り
10:00 新郎スタジオ入り
11:00 和装ロケーション撮影
13:00 着替え・お昼休憩
14:00 洋装スタジオ撮影
15:00 撮影終了・着替え・清算
16:00 すべて終了

衣装は、事前に衣装合わせをして選んでいました。(夏頃)

ヘアメイクだけ当日打合せだったので、担当のヘアメイクさんにイメージを伝えながら仕上げてもらいました。

1日がかりの撮影で大変だったので、撮影終盤は表情を作ることに必死でした

見に来る人の場合(家族・友人)

屋外でのロケーション撮影を、それぞれの家族に見に来てもらいました

友人が来ることも可能かと思いますが、コロナ禍ということもあり誘いませんでした。

スタジオ撮影を見にくることも可能でしたが、狭い空間での密集を避けるために、スタジオ撮影は家族による見学は無しで行いました。

希望があれば、家族と一緒にカメラマンさんに撮ってもらうことも可能だそうです

フォトウェディングの内容

自然体で撮ってもらいたかったので、小物、衣装、持ち込みは一切なしで撮影しました。

振り返ってみて、後悔のないフォトウエディングが出来たと思っています!

写真スタジオによって内容、料金相場が異なる場合があります。

衣装

いかにもウエディングドレス、という可愛らしいイメージが苦手なので、落ち着いた雰囲気をイメージしました。

和装は白無垢も選べましたが、洋装が白なので、被らないように派手な柄を選びました。

わたし
和装 羽織(ブラウン)袴(黒チェック) 色打掛(菊柄・オレンジ)
洋装 タキシード(ベージュ)・ネクタイ Aラインハイネックドレス(アイボリー)

 

和装は暖色系

洋装はアンティーク系

ヘアメイク

わたし自身と、彼もメイクヘアセットをプロのヘアメイクさんにお願いしました。

彼は、メンズメイクなんて意味あるの?と思っていましたが、結果的には、メンズメイクをして大正解でした!

わたし
和装 メンズメイク・ヘアセット ゆるい低めのシニョンヘア
洋装 和装と同じ 編みおろしヘア

メンズメイクは、ファンデーションを塗る・眉毛を整えて書く・口紅を塗るメイクでした。

男性の場合、普段することのない化粧ですが、化粧をすることでより写真映えします。

フォトウェディングでは後ろ姿を撮られることがあります。

自分自身では難しい後ろ髪までセットするために、ヘアメイクさんにお願いすることがおすすめです。

横からみても素敵な編みおろしヘア

アルバム

アルバム30ページ(ミニアルバム2冊付き)+写真全データ(約350枚)

を購入しました。

基本料金に含まれるのは、写真台紙(2枚分)のみでした。

写真全データのみを追加購入して、独自でアルバムを作るか考えましたが、手間だと感じたのでアルバムも含めて購入することにしました。

わたしたちが選んだアルバムにはミニアルバムが2冊付いてきたので、お互いの実家に渡す用として有難かったです。

写真屋さんのアルバムは素人が作るアルバムとは違う立派な物なので、結果的にはお金をかけて良かったです

栃木レザー使用のアルバム『クノーテ』

費用

フォトウェディングにかかった費用は、ざっくり総額、約45万円です。

だいたいの金額内訳です。

和装ロケーション撮影 約 13万円
洋装スタジオ撮影 約 5万円
衣装オプション 約 25万円
メンズメイク・ロケーション移動費などの追加オプション 約 1万円
土日祝UP料金 約 1万円

あとから後悔しないように、自分たちの好きなようにしようと予算は決めていませんでした。

選んだ衣装が追加オプションのものばかりだったので、衣装費が大きくかかってしまいました。

一生に一度の写真なので、お金はかかりましたが、大満足のフォトウェディングが出来てよかったです。

写真スタジオは、検索上位に出てきたところが良さそうだったので、他を見ずに即決しました

金額設定が写真スタジオによって違うと思うので、予算重視の場合は、複数比較してみてもいいかもしれません。

フォトウェディングまでにして良かったこと

わたしが、フォトウエディングまでにしておいて良かった事前準備です。

  • 全身脱毛
  • ハンドジェルネイル
  • まつげパーマ
  • 軽い運動と食事制限

一生に一度の大切なフォトウエディングなので、可能な限り美しく写りたいと思い、直前にネイルまつげパーマをしました。

指輪をつけた手のアップ顔のアップを撮ってもらうことがあったので、しておいて良かったです。

フォトウエディング半年前から、ストレッチやランニングなどの軽い運動をしていました。

そして一ヶ月前からは、週3日ほど、夕食をプロテインに置き換えていました。

これはダイエット目的ではなく、直前に肌が荒れたり、体重が極端に増えることがないように健康管理として行っていたことです。

お肌・身体共に最高のコンディションで、フォトウエディング当日を迎えることが出来ました

今も飲み続けているプロテインはこちらです

【プロテイン】タンパクオトメを飲み始めて半年経ったのでレビュー!【まずい?効果は?】 半年前からプロテイン生活を始めています! プロテインがずっと気になってはいたものの、なかなか手が出せず、ようやくプ...

つけている結婚・婚約指輪は手作りです

鎌倉彫金工房で結婚指輪と婚約指輪を手作りした話【値段とデザイン】 わたしは同棲中の彼と、2021年の年明け頃に入籍予定です。 そのため夏の小旅行として、2人で結婚指輪と婚約指輪を作...

コロナ禍でのフォトウェディングについて

わたしたちは、コロナ禍は関係なく、結婚式をするつもりはありませんでした。

理由としては、結婚式にお金をかけるほど魅力を感じない目立つことが嫌いだからです。

結婚式の代わりに、記念に残るようにフォトウェディングだけは必ずしようと考えていました。

コロナ禍ということもあり、密にならない、屋外でのロケーション撮影は最適だったと思います。

お互いの家族、合わせて6人が見に来てくれましたが、十分に距離を取りながら見学してもらえました。

屋外・屋内共に、カメラマンさん・ヘアメイクさんのみ同行の少人数撮影で、終始コロナ対策がなされていたので、安心して撮影が出来て良かったです。

撮影中はメイクが崩れてしまうので、マスク着用はなしでした

最後に

紅葉シーズンのフォトウェディングは、季節感があってすごく良かったです。

春の桜シーズン、夏の新緑シーズンも人気があるそうです。

この時期に撮りたい、この日に撮りたい、という希望がある場合は、早めの予約がおすすめです。

わたしたちの場合は、撮影半年前に予約をしました!

今の時期、結婚をお披露目する場を設けることが難しいですが、どんな形であれ、自分たちの納得のいく結婚の思い出作りができるように応援しています。

わたしは、今回フォトウェディングをしてみて、アルバムを何度も見返してしまうほど、楽しい思い出が出来ました!

結婚式ができず仕方なくフォトウェディングにすることにした場合は、後日改めて『1.5次会』を開催しても楽しいと思います
【追記】お正月に入籍しました
【コロナ禍】お正月に入籍をした話【祝日入籍】 2020年、婚約結婚指輪作り、両親へ結婚挨拶、秋にフォトウェディング撮影、年末に両家顔合わせをして・・・ 2021...
RELATED POST