美容

【おすすめプロテイン】タンパクオトメとウルトラホエイプロテインを比較してみる

わたしがプロテイン生活を始めてから、1年半以上が経ちました。

これまで何度かご紹介してきた『タマチャンショップ タンパクオトメ』に加えて、

最近は『ウルトラ ホエイダイエットプロテイン』も飲むようになりました!

この記事はこんな内容です。

  • タンパクオトメとホエイダイエットプロテインを比較
  • おすすめの味
  • プロテインの効果はどうか

美容や健康の専門知識はありませんが、個人の感想として読んでいただければ幸いです。

タンパクオトメとホエイダイエットプロテインを比較

わたしが最近飲んでいる2種類のプロテインを比較していきます。

どちらかがダメということではなく、どちらのプロテインも好きで飲んでいます

比較内容は、タンパクオトメ『まろやかカカオ味』・ホエイダイエットプロテイン『チョコレート風味』です。

記載情報元:公式ショップページ
株式会社ULTORA(楽天市場)
タマチャンショップ(楽天市場)

商品の詳細が知りたい方は、上記ショップページをご覧ください。

成分

それぞれ1食あたりの摂取目安量が異なります。

タンパクオトメ(15gあたり) ホエイダイエットプロテイン(30gあたり)
エネルギー 55.95kcal 117kcal
たんぱく質 11.07g 22.6g
脂質 0.54g 1.5g
炭水化物 1.69g 3.1g
糖質 0.27g 2.4g

その他省略

1食あたりの摂取目安量が約2倍ほど違うので、成分量は約2倍ほどホエイダイエットプロテインのほうが多いです。

同じ分量(15g)で比較すると、成分量にほとんど差はありません

プロテインは飲みすぎると、カロリーオーバーになる可能性があります。

自分自身の運動量・年齢・食事量などに合わせて、栄養補給としてプロテインを活用することをおすすめします。

わたしはほとんど運動せず、カロリー消費が少ない生活なので、1日1杯だけを飲むようにしています

原材料

それぞれ1食あたりの摂取目安量が異なります。

タンパクオトメ(15gあたり) ホエイダイエットプロテイン(30gあたり)
カカオ(ノンカフェイン)
大豆たんぱく(大豆を含む:遺伝子組み換えでない(国内製造))、乳清たんぱく(乳成分を含む)、ココアパウダー、 海藻カルシウム、オリゴ糖、ビール酵母、りんごファイバー(りんごを含む)、 グルコマンナン、コラーゲンペプチド(鮭由来ゼラチン)、赤ワインエキス末、 アサイー末、カカオエキス末、乳酸菌(還元澱粉糖化物、乳酸菌)/ビタミンC、クエン酸、酸化マグネシウム、 甘味料(羅漢果抽出物)、ヘム鉄、香料、ナイアシン、コエンザイムQ10 、ヒアルロン酸、グルコン酸亜鉛、ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD3、ビタミンB12
アレルギー表示:大豆・乳・さけ・りんご
乳清たんぱく(乳成分を含む)、ココアパウダー、乳等を主要原料とする食品、マルトデキストリン、酵母エキス/香料、甘味料(ステビア)、乳化剤(大豆由来)、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB12

タンパクオトメは『美容専門プロテイン』というだけあって、圧倒的な原材料の多さです。

ホエイダイエットプロテインは、プロテインとしては十分な原材料ですが、比較すると少なく感じてしまいます。

個人的には、食事で不足しがちなヘム鉄』『葉酸』『食物繊維が、タンパクオトメには含まれているので嬉しいです。

特に美容効果を期待している方には、タンパクオトメのほうがおすすめです


溶けやすさ

個人の主観です。

それぞれ150mlの豆乳でシェイクした場合です。

タンパクオトメ ホエイダイエットプロテイン
  • 溶けるが底に溜まりやすい
  • 泡立ちが多い
  • ダマが残りにくい
  • きれいに溶ける
  • 泡立ちはほとんどない
  • ダマが残りにくい

シェイカーで混ぜたあと、サッと溶けて飲みやすいのは、ホエイダイエットプロテインです。

タンパクオトメは溶けているものの、飲んでいる間に徐々に底に溜まってしまう気がします。

最後までしっかり飲み干したいので、溜まったところに水を足して、飲み干す場合もあります。

タンパクオトメはシェイク後の泡立ちが多いので、ひと口目が『』ということがあります。

2~3分置いておくと泡が少なくなりますが、苦手な方もいるかもしれません。

↑タンパクオトメ(博多あまおう)をシェイクした直後の泡の様子です

価格

それぞれ1袋あたりの内容量が異なります。

購入時期によって価格が異なる場合がございます。

タンパクオトメ ホエイダイエットプロテイン
1袋 260g/2,980円(税込) 1000g/5,390円(税込)
1食あたり 約175円(17食分) 約163円(33食分)

1食あたりの金額は、約10円タンパクオトメのほうが高いですが、ほとんど同じです。

ですが1食あたりの摂取目安量が、タンパクオトメは15g、ホエイダイエットプロテインは30gです。

15gあたりで計算すると、タンパクオトメのほうが約2倍価格が高いプロテインということになります。

原材料の圧倒的違いを考えると、タンパクオトメのほうが高くても納得がいきますね

個人の主観です。

それぞれ150mlの豆乳でシェイクした場合です。

タンパクオトメ ホエイダイエットプロテイン
  • 少し薄味で優しい風味
  • 豆乳と合わせてもさっぱり飲める
  • 風味どおりの味がある
  • 豆乳と合わせると味が濃くなっておいしい

味についての大前提として、

どちらのプロテインもおいしい!

1食あたりの摂取目安量、タンパクオトメはホエイだけでなくソイプロテインも含まれているなど、それぞれ違いがあるので似たような風味でも味は違います。


効果はどうか

目に見えてわかるほどの、身体への大きな効果はありません。

わたしの場合は、日頃の食事の栄養不足を補うため美容のため、プロテインを取り入れています。

プロテインを飲み始めてから、栄養補給が出来ているのか体調を崩すことがほとんどなくなりました

ホルモンバランスの関係で周期的な肌荒れはありますが、以前よりも改善されています。

ほとんど運動をしませんが、安定的な体型維持が出来ています。

劇的な効果はありませんが、内面的に、プロテインに健康と美容をサポートされていると思っています。

効果の感じ方には個人差があります。

おすすめしたい味

全部の味を試したことはありませんが、いくつか飲んでみたなかで、わたしのおすすめをご紹介します。

タンパクオトメ ホエイダイエットプロテイン
  • まろやかカカオ
  • すこやか朝バナナ
  • 博多あまおう
  • チョコレート
  • 抹茶ラテ

上記の5つの味をよく購入しています。

同じ味ばかりを飲み続けると飽きてしまうので、その日の気分でローテーションしながら毎日飲んでいます。

タンパクオトメ まろやかカカオ』『ホエイダイエットプロテイン チョコレート』は、ココアのようで飲みやすいので、初めての人にもおすすめです。

甘さ重視の人には『タンパクオトメ すこやか朝バナナ』がおすすめです


わたしのプロテインの取り入れ方

  • 朝食をプロテインに置き換え
  • 軽いジョギング後にプロテイン

わたしは主婦業、在宅ワークが主な生活形式なので、ほとんど身体を動かすことがありません。

たまのジョギングのとき以外は、プロテインは毎日朝食として飲む1杯のみです。

適度な運動をしたほうが、代謝が良くなり、プロテインの効果をより得ることができるそうなので、家でできるストレッチや、軽い筋トレをするようにも心掛けています。

最後に

タンパクオトメ、ホエイダイエットプロテイン、どちらも美味しくて飲み続けられるプロテインです。

しかし改めて考えると、プロテインは1杯150円を超えるなんて高級ドリンクだなあと思います・・

1杯、1杯、しっかりと味わいながら栄養を補給していきます。

プロテインが気になる、どのプロテインを飲んで良いのか分からない、という方の参考になれば嬉しいです。



タンパクオトメについて以前ご紹介した記事です
【プロテイン】タンパクオトメを飲み始めて半年経ったのでレビュー!【まずい?効果は?】 半年前からプロテイン生活を始めています! プロテインがずっと気になってはいたものの、なかなか手が出せず、ようやくプ...
プロテインスムージーも美味しくておすすめです
タンパクオトメで美味しいプロテインスムージーを作ってみた【作り方紹介】 プロテインのアレンジ飲み方というと大げさですが、 おそらく一番無難で美味しいアレンジであろう『プロテインスムージー...
RELATED POST