ライフイベント

【挙式なし】結婚内祝いに送ったものまとめ【金額】

わたしは2021年お正月に入籍をしました。

フォトウエディングのみ、挙式なしのいわゆる『ナシ婚』です。

コロナ禍ということもあり、内祝い(お祝い返し)はすべて宅配便で行いました。

この記事はこんな内容です。

  • 内祝いに送ったもの
  • 内祝いの金額
  • 送った時期
  • お礼状について

これから内祝いを送る予定の方に、ぜひ読んでいただきたいです。

内祝いに送ったもの

実際にわたしが内祝いに送ったものを、まとめてご紹介します。

菓子折りは、季節限定品(バレンタインなど)を選ぶこともありました。

格式ばった物にこだわらず、送る相手に合わせて選びました

家族・親戚

ギフトカード

親戚からのご祝儀は金額が大きかったので、ギフトカード(ギフト券)でお返しすることにしました。

半返しにするか、三分の一返しにするかどうかは、両親と相談して金額を決めました。

販売店が近くになかったので、ネットで注文・発送しました。

三井住友カードのギフトカード・商品券 で購入しました。

のし紙を付けて発送してもらえたので良かったです。

カタログギフト

わたしの祖父母にのみ、金額が高めのカタログギフトを送りました。

いまの時期、買い物に出歩くことがほとんどないと思うので、宅配便で届くカタログギフトのほうが喜ばれそうだと考えたからです。


カタログギフト 内祝い【半額】50800円コース 香典返し 結婚内祝い 出産内祝い お返し 結婚祝い 出産祝い グルメ 新築祝い 誕生日 楽天最安値挑戦 お礼 お返し 50%OFF ギフト お得 人気 ギフトカタログ 七五三 お歳暮

好きな食べ物

兄弟には気軽なお礼の気持ちとして、好きな食べ物を送りました。

買えないことはないけれど、自分ではわざわざ買わなさそうな少し高めの物を選びました。



友達

カタログギフト

出産直後の友達、共働き夫婦の友達、専業主婦の友達など状況が様々なので、欲しいものが選べるようにカタログギフトにしました。

わたしは『複数配送設定』が出来るカタログギフトを選びました。

複数の友達に送るときに、配送先をまとめて振り分けることが出来るので、すごく便利でした。


カタログギフト(あす楽)プレミアムカタログギフト(S-EOコース) 出産内祝い 内祝い 引き出物 香典返し 快気祝い 結婚祝い 引出物 入学内祝い ギフト 引っ越し 引越し お返し お祝い グルメカタログギフト シリーズ最大 42% (エトワル) お歳暮 ギフト

好きな食べ物

お酒が好きなど好みがはっきりと分かる場合は、好きな食べ物を送りました。

今後もお祝いを送り合う仲であれば、食べ物の内祝いは気兼ねなく受け取れるので良いと思います。



職場関係

菓子折り

営業所一同』としてご祝儀(お金)をいただきました。

それぞれに内祝いを用意するのも大変なので、仕事中や仕事終わりにつまめるような菓子折りをいくつか用意して、職場に置くようにしました。

好きなときに、好きな量を食べてもらえるので良かったです。



家族で食べられるもの

上司、先輩、後輩から個人的にお祝いをいただくことがありました。

その場合は自宅へ直接内祝いを送るようにして、家族も含めて喜ばれそうな食べ物にしました。

世帯状況に合わせて、ゴディバのチョコレート千疋屋のアイスクリームを送りました。

一人暮らしの後輩には、少し高価なご飯のお供を送ると喜ばれました。




内祝い詳細

ざっくりですが、わたしが送った内祝いの詳細です。

親戚への内祝いに関しては、家族含めて付き合いがあるものなので、両親と相談して決めることがおすすめです。

なによりも気持ちが大切だと思うので、これが内祝いの正解というわけではありません。

金額

だいたい三分の一くらいをお返ししました

個人的な気持ちを込めて、特に仲の良い友達には半分くらいでお返ししました。

相場としては、半分もしくは三分の一が目安のようです。

お祝いを送ってくださった方の気持ちをありがたく汲み取って、自分の負担にならない程度の内祝いで構わないと思います。

時期

わたしの場合はお正月入籍なので、ほとんどの方から、1月中にお祝いをいただきました。

そのため、翌月の2月中に内祝いを少しずつ送るようにしました。

結婚式をしていないので、時期が過ぎて春ごろにお祝いをいただくこともあったので、その都度お返ししました。

内祝いは1ヶ月以内が目安だそうですが、個人的には相手に忘れられていない程度であれば多少遅くなっても問題ないと思います。

のし紙

内祝いに送るものは、すべてネット通販で手配したのですが、のし紙にはあまりこだわりませんでした

送る前に、直接相手に『内祝いを送ります』と連絡をしていたので、のし紙がなくても内祝いだと理解してもらえたからです。

のし紙対応の物には出来る限りつけていましたが、非対応の物でも気にせず、のし紙なしで送ることもありました。

のし紙をつける場合は、定番の【内のし・結び切り(10本)・新姓+夫婦名前】で用意しました。

お礼状

マナーだとか、一般的だとかはさておき、ほとんど書いていません。

個人的には風習を重んじないタイプなので、単に面倒でお礼状は用意しませんでした

お祝いをいただいた時点で、電話やSNSで直接お礼は伝えています

一部親戚宛にギフトカードを送る際、発送までに想像以上に日にちがかかることが分かり、お知らせを兼ねてお礼状(はがき)を送りました。

手書きではなく、ウエディングらしいお花柄の背景で、PCで作成したものを送りました。

内祝いの反応と返事

内祝いを受け取ったお礼・お知らせは、電話SNS、または直接言ってもらいました。

『気を遣わせてわるいね』と言われることはありましたが、みなさんに喜んでもらえたと思います。

最後に

人生で初めて、内祝いを送る、という経験をしましたが結構大変でした

物や食べ物をわざわざ選ばなくても、ギフトカードであればだれでも喜んでくれると思います。

ですがギフトカードは、お金をそのまま突き返していると感じられる場合もあるそうで・・難しいですね。

なにを送ったとしても、感謝の気持ちさえ伝われば大丈夫!

わたしの内祝い経験が、どなたかの参考になれば嬉しいです。

フォトウエディングをしたときの話
コロナ禍でフォトウエディングをした話【費用と感想など】 コロナウイルス真っ只中、 2020年 秋に、フォトウエディングをしました! 結婚式はしないので、フォトウエデ...
RELATED POST